ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハックほか雑記を綴っています

ドット絵初心者の効果的な練習方法。ファミコン、MSXの模写から始めるといい理由。

スポンサーリンク

ドット絵初心者である私が、効果的な練習方法を調べました。

ドット絵の上達には、なんといっても模写がいいと思います。

 

 

 

一番いいのは、ファミコンとかMSXといった8bitのゲームの

ドット絵の模写です。

 

なぜファミコンやMSXがいいのか

 

1、色数が少ないので、シンプルな分、わかりやすい。

 

2、なんといっても懐かしい。

 

モチベーションの上がり方が違います。

 PCエンジンやメガドライブ、スーパーファミコンといった

色数の多いドット絵では、模写がいいかどうか、わかりません。

学ぶには、難しくなるので。

 

3、16x16ドットまたは8x8ドットの絵はすぐ描けて覚えやすい。

 

小さい分、1ドットの置き方ひとつで全く印象が違ってきます。

基礎を学ぶにはうってつけだと思います。

 

練習方法は?

 ひたすら模写です。

 

そして、なにも見ないでそのドット絵を描けるようになるといいと思います。

そうすることによって、自分の中のドット絵のパターンが増えていきます。

 

色数が少なく、サイズも16x16、8x8ですと、

それほどパターンが多くありません。

 

比較的簡単にドット絵を身に付けることができると思います。

 

そうして段々、大きなサイズ、たくさんの色数にしていけばいいのです。

 

小さくて、色数が少なくても、素晴らしいドット絵は多いです。

 

特にMSXのPCGの場合、1ライン2色制限があるので、

描くのはパズルのよう。

でも、それが個性となり人を引き付けるのです。

 

魔城伝説1、魔城伝説2 ガリウスの迷宮のボスたちなど芸術的です。

そしてハイドライド3の背景!

あの制限の中で、よくあそこまで描き込んだなぁとほれぼれします。

 

ファミコンはあまり詳しくないのですが、

悪魔城伝説や、ファイナルファンタジーなどは、

素晴らしいドット絵だと思います。

ドラゴンクエストの鳥山明先生の、絵も素晴らしい!

どちらかというとこちらはデザインがいいのですが、

非常に勉強になります。

 

 

1日1模写

やはり豊富なパターンを持ちたいところなので、

1日1模写がいいでしょう。

何事も毎日の積み重ねが大切なのです。

 

ドット絵の勉強と称して、twitterに上げていらっしゃる方もいます。

モチベーションアップにいいですし、

喜んで見てもらえると思います。

 

まとめ

 よく模写は意味がないという方がいらっしゃいますが、

ファミコン、MSXといったシンプルなドット絵の場合は、

模写が非常に有効だと思います。

 

自分のものにするのも比較的簡単に出来ると思います。

 

そのうえで、自分なりのオリジナリティをだしていかれるのが

一番早道ではないでしょうか?

 

私も、テーマを決めて、1日1模写をし、いくつか溜まったら

ブログに公開というのをしていきたいと思います。

 

すでにいくつかMSXドット絵研究と称して公開しております。

 

www.nyaonyao21.com

 

みなさんもドット絵を模写をされてはいかかがでしょうか?

 

絵が素晴らしいゲームは、それだけで売りになると思います。

私も、画面を見ただけでやってみたいと思われるように

ドット絵を練習したいと思います!

 

スピンサーリンク 

 

 

 

 

 

ドット絵工房―誰でも使えるドット絵テクニックが満載!! (X‐media Graphic Library)
鯖戸 昭史
エクスメディア
売り上げランキング: 452,829

 

FF DOT. -The Pixel Art of FINAL FANTASY-

スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 8,041
「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください