ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハックほか雑記を綴っています

スポンサーリンク

アプリ開発のライフハック

スポンサーリンク

アプリ開発は長期戦なので、モチベーションが落ちてしまったりすることが

多々あります。

そこでお恥ずかしながら私が実践している方法を少し。

 

前もって一日のスケジュールを組みます。

例えば、9時にアプリ開発始めるとか。

私の場合、朝は気持ちがのっているときはすぐに開発できるのですが、やる気がでないときはこたつでグダグダしてしまいます。

様々な本で研究した結果、やる気がでない時はまず始めるというのがあります。

行動すると、徐々にやる気が起きるというものです。

まずなんでもいいので行動すると、やる気がでるのです。

 

私の場合、いきなりプログラムを書くのはきついので、こたつに入ってゴロゴロしながら、iphoneでドット絵を打ち始めます。

ドット絵は手軽にはじめられて楽しいのでいいですネ。

1時間くらいで切り上げて次は、プログラムです。

 

ここでまだハードルが高い場合は、twitterを見ます。他の開発者のツイートを見るとテンションが上がります。

 

それでもダメな場合は、えいっと体を起こして、図書館に出かけます。

図書館は、勉強や仕事をしている人が多いので、かなりやる気がでます。

ポイントはすぐにプログラムへの行動ができなかったら、すぐに図書館に出かけるのです。場所を変えるというのは、かなり有効な気がします。

何時からは開発と決めておいて、その時間を1分でも過ぎたら図書館へ行くっていうのもいいですね。

私の場合、図書館に着いて30分くらい本でも読んでいると、そろそろやろうかなという気になってきます。

 

とまあ、いろいろやっているのですが、なかなかスケジュールどうり行かないんですよねぇ。

そのへんはまた試行錯誤していきたいと思います。

他の開発者はどうやっているのかな、ちょっと教えていただきたいです。

それでわ。


スポンサーリンク

「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください