ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハックほか雑記を綴っています

iOS・アンドロイドでMSX1 ハイドライドをリスペクトした横画面ARPG(無料ゲームアプリ) マリドライド開発中。進捗。






iOS / android で開発中のハイドライドをマリオっぽくしたら?

というゲームアプリの "マリドライド" 進捗です。

 

youtu.be

 

形にはなってきています。

あとやるところは、

・自分・敵の攻撃の修正。

・アイテムを取った時の効果

・ボス

 

こんなところでしょうか。

敵の絵とか、アイテムの絵とかは描きました。

あとはボスの絵が、まだ一枚絵なので、動きを入れたいです。

コインの取得や、アイテムの取得、アイテム画面などは作りました。

あと、敵を倒したときの経験値や、ダメージをゲージに反映させるところとかも完成。

敵キャラもすべてのキャラを動かしたりしています。

 

面白くならないところで悩んでいたのですが、

以前紹介した、MSX BASICのスペースドラゴンのプログラムをみていて、

あーこうすればいいんだ!という気づきがありましたので、

面白くできそうな気がしてきました^^

 

ポイントは、敵との攻撃判定でした。ヒントを頂きました。感謝です!

 

MSXのプログラムの場合は、順番に自分、敵1、敵2とプログラムが動いて

いくので作りやすいといえば作りやすいのですが、

unityの場合は、自分と敵が同時に動いているような感覚なので、

交互に攻撃を当てるというのが、少しネックになっています。

時間で管理すればいいのかなぁ〜。

 

そこを作れば、ぐっと制作のモチベーションも上がってくると思います。

 

 

マリドライドを、期待していただいている方には、

開発が遅くて本当に申し訳ないですm(_ _)m

 

MSX BASICの方でBASICのゲームを作ったりしたことが、

マリドライドの方に還元されたりしながらボチボチと作っています。

(ゲームプログラム全体の流れというか、

そういうのがよく分かっていなかったので;経験不足なんです。)

 

思えば、この遅さは、

レトロゲーム開発の経験値がほぼない状態で、

ARPGという難しいものにチャレンジしてしまったのが原因です;

 

ハイドライドが全盛のときに、あまりハイドライドのオマージュが

でてきていないところを考えてみるべきでした。

やっぱり開発のハードルは高いのですね;

 

開発環境をunityにしたことで、楽ができる部分とめんどくさい部分が

ありますが、頑張っていきたいと思います。

 

 

今は、アプリを出さないと生活費が捻り出せないんです;

(ブログでの収入と両立できないか模索中です〜)

まあ、このアプリをだしても1、2万円くらいしかお金にならないと

思いますが。う〜ん。

 

稼いでいる人って本当にすごいなぁ〜。

 

そんなこんなで、また黙々と開発していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください