ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

第33回 マシン語でスプライトをカーソルキーで動かす!勉強レポート MSXマシン語入門(Z80 アセンブラ・機械語) 




スポンサーリンク



スポンサーリンク


MSXPenという、

MSX BASICとアセンブラの両方をテキスト画面に書けて、

隣のWebMSXで実行できるというサイトがあります。

そのサイトでマシン語が簡単に実行できます。

 

(前回の記事にMSXPenの書き方を書いています)

MSXマシン語入門(Z80 アセンブラ・機械語) 第32回 MSX PENでマシン語を書く!(使い方) 勉強レポート - ニャオニャオ21世紀

 

今回はスプライトをカーソルキーで動かすというのをやりました^^ 

 

f:id:nyaonyaokun:20181228051430p:plain

MSXPen

 

サンプルプログラム MSXPen

 

ソースコードはこちら。

 

BASIC部分

10 CLEAR 300,&HCFFF
20 SCREEN1,2
30 KEY OFF
40 BLOAD"MOVE.BIN"
80 'SPRITE TEIGI======================
90 RESTORE 2000
100 S$=""
110 FOR I=0 TO31
120 READ DT$
130 S$=S$+CHR$(VAL("&H"+DT$))
140 NEXT
150 SPRITE$(0)=S$
1000 'MAIN
1010 'SPRITE HYOUJI
1020 PUT SPRITE 0,(1,1),15,0
1030 DEFUSR=&HD000
1040 A=USR(0)
1050 END
2000 'SPRITE DATA
2010 DATA00,00,A7,AF,BF,9F,9D,9D,9F,8F,87,80,E7,E1,86,00,00,00,F2,FA,FE,FC,DC,DC,FC,FF,FB,11,7B,CE,30,30

 

 

アセンブラ部分(マシン語部分)

BREAKX: EQU 0x00B7
GTSTCK: EQU 0x00D5
RDVRM: EQU 0x004A
WRTVRM: EQU 0x004D
KILBUF: EQU 0x0156

ORG 0xD000

START:

STCKLP:
CALL BREAKX
RET C
LD A,0
CALL KILBUF
CALL GTSTCK
OR A
JR Z,STCKLP
CP 8
JR NZ,STICK1
CALL MOVEL
CALL MOVEU
JP STCKLP

STICK1:
CP 7
JR NZ,STICK2
CALL MOVEL
JP STCKLP

STICK2:
CP 6
JR NZ,STICK3
CALL MOVEL
CALL MOVED
JR STCKLP

STICK3:
CP 5
JR NZ,STICK4
CALL MOVED
JP STCKLP

STICK4:
CP 4
JR NZ,STICK5
CALL MOVED
CALL MOVER
JP STCKLP

STICK5:
CP 3
JR NZ,STICK6
CALL MOVER
JP STCKLP

STICK6:
CP 2
JR NZ,STICK7
CALL MOVER
CALL MOVEU
JP STCKLP

STICK7:
CALL MOVEU
JP STCKLP

MOVEU:
CALL SPYGET
CP 1
RET Z
SUB 1
LD HL,1B00H
CALL WRTVRM
RET

MOVEL:
CALL SPXGET
CP 1
RET Z
SUB 1
LD HL,1B01H
CALL WRTVRM
RET

MOVED:
CALL SPYGET
CP 176
RET Z
ADD A,1
LD HL,1B00H
CALL WRTVRM
RET

MOVER:
CALL SPXGET
CP 240
RET Z
ADD A,1
LD HL,1B01H ;X座標
CALL WRTVRM
RET

SPYGET:
LD HL,0x1B00 ;Y座標
CALL RDVRM
RET

SPXGET:
LD HL,0x1B01
CALL RDVRM
RET

END START

 

( ; はコメントです)

 

アセンブラ部分の説明をします。

CALL BREAKX
RET C
LD A,0

これで、

CTRL + STOPを押されると

プログラムが止まります。

 

KILBUF: EQU 0x0156

は、BIOSでアドレスが、0156Hです。

キーのバッファをクリアします。

キーは、使い続けていくとデータが溜まっていき、

エラーとなってしまうので、クリアしてやります。

 

MOVEU:
CALL SPYGET
CP 1
RET Z
SUB 1
LD HL,1B00H
CALL WRTVRM
RET

 

MOVEUというラベルは、スプライトを上に動かすも処理です。

 

CALL SPYGETで

SPYGETというラベルを呼びます。

そのラベルは、スプライトY座標ゲットの意味です^^

 

SPYGETは、現在のスプライトのY座標取得します。

Y座標は、レジスタAに入ります。

(SPYGETはのちほど)

 

CP 1
RET Z

Y座標が1だったらRET(リターン)です。

 SUB 1

Y座標が1でないなら、レジスタAから(Y座標が入っています)

−1します。

 

LD HL,1B00H
CALL WRTVRM

BIOSのWRTVRMを使うのですが、

WRTVRMは、VRAMのあるアドレスにAレジスタの値を書き込みます。

(VRAMの指定したアドレスに値を書き込みます)

その書き込むVRAMのアドレスは、

HLレジスタに入っているものをもってきます。

そのためCALLする前に、HLにアドレスを設定します。

 

ちなみにスプライト0の

Y座標は、アドレス1B00Hに、

X座標は、アドレス1B01Hに

入っています。

 

 

 

 先ほど出てきたSPYGETというサブルーチンの説明をします。

SPYGET:
LD HL,0x1B00
CALL RDVRM
RET

 

RDVRMはBIOS命令で、

VRAMのあるアドレスからレジスタAに値を持ってきます。

(VRAMの指定したアドレスの値を読む)

VRAMのアドレスはHLに設定!

1B00Hは、スプライト0のY座標です。

 


SPXGET:
LD HL,0x1B01
CALL RDVRM
RET

 

RDVRMはBIOS命令で、

VRAMのあるアドレスからレジスタAに値を持ってきます。

こちらもVRAMのアドレスはHLに設定!

1B01Hは、スプライト0のX座標です。

(16進数は、0xをつけたり、Hをつけたりと色々な表現があるんですね^^)

 

スポンサーリンク

 

 

実際にこのプログラムを実行すると、

激速です( ・∇・)

 

 BASICで作っていたハイドライド もどきに

組み込みたいですね〜。

www.nyaonyao21.com

 

あとは、マシン語で歩行アニメーションをさせたいです!

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください