ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

岐阜県 山寺の日龍峰寺(ゆく年くる年で有名) 素敵!と言いたくなります^^






GW中に、日龍峯寺に行ってきました^ ^

岐阜県関市にあり、

京都の清水寺に似ていることから、

美濃清水と呼ばれているそうです。

f:id:nyaonyaokun:20190509065745j:image

 

 

 

 

日龍峰寺の呼び方は?

にちりゅうぶじと呼びます。

地元では高澤観音と呼ばれているそうです。

なんと、国指定重要文化財です!

 

日龍峰寺で"2018年 / 2019年のゆく年くる年"の撮影

なんでも岐阜県で一番古いお寺だそうで、

2018年 / 2019年のゆく年くる年の撮影が行われたそうです。

じつはテレビで取り上げられたとは知らなかったのです^^;

岐阜県民なんですけどねぇ(~o~)

 

日龍峰寺とは

今回は、

GWなので近場でどっかないかなぁと思って

ググってたら発見しました(^○^)

そしてすぐさまGOでした^ ^

 

 

f:id:nyaonyaokun:20190509065943j:image
f:id:nyaonyaokun:20190509065946j:image

なんといっても、この舞台が目を引きます!

確かにミニ清水寺みたいでした。

とても古くて、木が少し曲がっていたりするんですよ(・∀・)

f:id:nyaonyaokun:20190509070051j:image
f:id:nyaonyaokun:20190509070108j:image
f:id:nyaonyaokun:20190509070048j:image

これは見に行ってよかったぁと素直に思えました。

 

細い山の道を抜けて、

山の上の方にあるのですが、

本当に細い道でして^^;

 

対向車が来たらヤバイなって

思っていたのですが、

どうもゆるい感じの一方通行になっていました。

 

駐車場に行ったら、"お帰りはこちらへ"と別の道へ誘導する看板が

ありました。

でもその看板に気づかない車とは、すれ違うことになってしまいますね。

駐車場は7~8台、止めることが出来るか出来ないかというぐらいの広さです。

 

駐車場から少し離れたところにあるのですが、

途中に鐘があったり、塔があったりします。

地図ではものすごく山道にみえるのですが、

そこまでではないのでご安心下さい^^

(シニアの方でも、分かれ道で下側からいけば、それほど苦にならないでしょう

鐘とか塔は見れないですが...)

f:id:nyaonyaokun:20190509065824j:image
f:id:nyaonyaokun:20190509065828j:image

でも国指定重要文化財は、

多宝塔という塔なのです(・∀・)

しかし、皆さんのご希望は、美濃清水の本堂だと思います(^_^;)

 

どっちも良かったですよ^^

でもインパクトは本堂でした。

 

日龍峰寺のおそば

そばが食べることが出来るのですが、

なんと、月に1日しか(第3日曜)、お店が開いていないのです。

しかも20食限定だとか...

うーん、レアすぎる^^

 

でも食べてみたかったです。

 

 

日龍峰寺には一度行ってみて下さい

とにかく渋い(・∀・)

渋すぎてたまらないのですよ!

僕が行った日は、GW中だったにも関わらず、

とても空いていました。

(5〜6人くらい)

そんなこともあって、とても厳かな雰囲気があるのです。

 

京都の清水寺もいいのですが、

あそこは人が多すぎて、

独特のお寺の雰囲気を味わうことができないと思います。

 

やっぱりあの厳粛な感覚を

味わって欲しいです^^

 

とてもいいところに行けたなぁと思いました。

岐阜県の人でも、あまり知らないんじゃないかと思います。

僕だけかもしれないですけど、ネ(*´ω`*)

 

 

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください