ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

全電波電池というアイデアを提唱します^^




スポンサーリンク



スポンサーリンク


この世界には、電波が飛び交っています^^

それはもう、あちこちに(*´ω`*)

 

携帯電話、ラジオ、太陽光線など。

今回は、それらの電波を吸収する電池というアイデアです。

 

アンテナの構造を調べていたのですが、

あれって、電線がにょきって出ているだけみたいなんですよね〜。

 

それが空中を飛び交っている電波の波長の長さの1/4とかになると、

電圧が発生し、電気が流れる、という仕組みのようです^^

 

そこで考えてみました^^

 

カーボンナノチューブも棒状です。

(しかし、僕もカーボンナノチューブ好きだなぁ〜(*´ω`*))

 

それを複数、なにかに埋め込んで電極で挟んでやれば、

カーボンナノチューブをアンテナとして電波を吸収し、

電気が流れるのではないか?と。

 

カーボンナノチューブのシートは電磁波を遮断します。

youtu.be

電磁波をなぜ遮断するのか?素人なりに考えていたのですが、

カーボンナノチューブがアンテナのような仕組みになっているのではないかと

考えました。

(あくまで素人の考えです。間違っている可能性があります^^;)

 

 

もしそうなら、

様々な長さのカーボンナノチューブを、

電極に挟んでやれば、様々な波長の電波を吸収できると思います。

 

カーボンナノチューブだけでなく、普通に電線を埋め込んでやるだけでも

いいかもしれません。

 

例えば、豆腐の中に、あらゆる向きで、電線(例えば2センチほどのアンテナのような)が

刺さっているとお考えください。

(幅が2センチの豆腐だとうまくいくのかなぁなんて思います^^

片方が電極と繋がっていないといけないので)

そして豆腐が電極に挟まれていると(・∀・)

そんな感じです。

 

 

昔、電池も入っていない、ラジオを作ったことを覚えています。

(学研の科学という雑誌の付録だったかなぁ)

電池も入っていないのに、ラジオが聞けることが衝撃でした^^

 

そういうラジオ(電池の入っていない、アンテナだけのラジオ)が

聞けるということは、スピーカー(金属)に電流が流れているということですよね!

 

かなり小さい音ではありましたが、しっかり聞けました(^O^)

 

ということは、あらゆる波長の電波を吸収してやれば、

電池にならないかなぁというアイデアです^^

 

 

どの程度の電圧の電気が充電できるのかなぁ?

1.5Vとかいけるのかなぁ~。

 

周りにどれくらいの電波がきているのかは調べていないので

わかりません^^;

 

 

ラジオ波の波長は結構長かったような気がします。

でも携帯電話に入っているアンテナって短い(波長が短いはず)ので

電池の大きさに収まるはず。

そういう様々な波長を拾ってやると電池になりそうという...

 

無理かなぁ〜(*^^*)

うーん、どうだろう?(*´﹃`*)

 

追伸:

この電池?がうまくいけば、ナノマシーンの電源として

活用することができるのではないでしょうか?

電波を強くしてやればナノサイズのモーターなども

動かせると思います。

 

仮に、右のモーターは5GHz、左のモーターは10GHzの電波を

吸収する電池を付けてやれば、

外部からの周波数を変えてやれば、ナノマシーンを

自由に操作することができると思います^^

 

ナノマシーンの使いみちとしては、手術用のマシーンとしての

利用方法が研究されていると思います。

かなり小型化できれば、血栓を取り除いたりもできるかもしれません。

 

また、この電池を使えば、胃カメラカプセルの機能を向上させることが

可能かもしれません(*^^*)


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください