ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

新型コロナの経済対策のアイデアを発案

GOTOは制度が少し破綻しているかなぁと思ってしまいます^^;

新型コロナウィルスを抑えるには、人の行き来を減らさねばならない...

しかし、経済を回さなければ、経済的に潰れる人が出てくる...

 

GOTOは今、旅行に行くことを推奨し、外食を推奨する制度...

明らかに矛盾している制度です^^;

 

うーん、どうすればいいのか?

 

アイデア:

新しい割引制度を提案します。

それは、お店やホテルの予約金を払ってから、実際に行くまでの時期(日にち)が

伸びれば伸びるほど、割引率が上がっていくというシステム。

 

新型コロナが収まるまで、半年とか1年掛かるとすると、

例えば、

お店に予約金を入れてから、半年後にお店に行けば、50%、お金が帰ってくる、

(割引率50%)

また、1年後にお店に行けば、80%、お金が帰ってくる、

(割引率80%)

 

こんなふうに、予約から行くまでの期間が長ければ長いほど、割引率が上がれば、

新型コロナ収束後にお店に行く人が増えるかもしれないです^^

待つ楽しみもあるし^^

 

GOTOの問題は、新型コロナが流行っている今、お店に行くことなので、

新型コロナが収まる頃に行きたくなるようにすればいいのかなぁ、なんて。

 

今、お店はお金がないので、今、お金が欲しいと思うのです。

前借りするようなシステムになります。

お店が仮に潰れても、国が保証してくれるなら心配ないし。

しかも、お客さんの気が変われば、いつでもお店に行くことは出来ます。

 

 

割引き率を最大にしたいという人がかなりいると思うし、

応援もできる、

しかも、お店は今、お金が手に入る!

都合で、お店に行くのが待てなくなっても、いつでもお店に行ける、

それはお客さんの自由です。

(割引率が下がるだけ)

 

 

どうでしょうか?こんな新型コロナ対策の割引システム?(*´∀`*)

 

 

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください