ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

副作用の少ないはずの中和抗体薬を発案してみました^^


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
駿河屋にはMSX(本体・ソフト)もPCエンジンもいっぱい^^


スポンサーリンク



スポンサーリンク


私は完全な素人なのですが、ブログの1つのネタとして、

発案してみました。

(怒らないでくださいねm(_ _)m)

 

今、巷では新型コロナで大変なことになっています。

 

ウィルスを無効化するための

中和抗体というものをご存知でしょうか?

 

ウィルスにくっつく抗体というタンパク質で、

ウィルスを覆ってやる薬です。

 

ウィルスが人間の細胞に張り付かなければ、細胞内にウィルスが入り込むことが

ないから、ウィルスを無効化できるというものです。

 

大変素晴らしいお薬です!

 

しかし、実際の薬として使われるまでに、臨床試験があり、

患者さんに使われるまでに、数年かかるという代物であるという事実もあります。

 

なぜ、薬に副作用があるのか?

 

素人なりに考えてみると、その抗体というものが

ウィルスにだけくっつくのではなく、人間の他の細胞にもくっつくからではないかと

考えました。

 

それならば、ウィルスにだけ張り付き、他の人間の細胞にくっつかなければ

いいのではないのか?

(素人でごめんなさい^^;)

 

血管や、その他の臓器にくっつかなければいいのではないか?ということです。

(うーん、どうでしょう^^)

 

そこで考えてみました。

こんな形のお薬(タンパク質)ができればいいのではないか、と。

f:id:nyaonyaokun:20210125191731p:plain

 

ウィルスにくっつく、抗体(紫色)が片方の面にだけあります。

しかし、ポイントは、それを覆っている物質(緑の部分)にあります。

 

これが丸まっているのがポイントなのです!

緑の部分はツルツルで、くっつくことがありません。

薬から見ると、血管や臓器は大きすぎるため、平面に見えると思います。

(それに対して、ウィルスは球体に見える)

 

この薬は丸まっているため、面である血管や臓器には、抗体の部分が触れません。

(下の部分も、抗体(スパイク?)は、血管や臓器には触れないですよね?)

 

それに対して、ウィルスは小さい球体です。

f:id:nyaonyaokun:20210125192535p:plain

ウイルスにはくっつき、他の細胞(血管や臓器)には、くっつかない薬になるのでは

ないでしょうか?

 

もっと言えば、

f:id:nyaonyaokun:20210125192754p:plain

こんな感じに包囲できれば、OKなのですが^^

(ウイルスが張り付いた薬が、いろいろなところ(血管)にぶつかっていくうちに、

丸まってくるのではないかと思いますが、果たして?)

 

または、

f:id:nyaonyaokun:20210125193045p:plain

このような形にならないかな?と思います。

(かなり形の設計は大変ですが...)

 

仮にこのような形の薬が出来たら、ウイルスにはくっつき、

血管、臓器にはくっつかない薬(タンパク質)になると思います。

 

まぁ、免疫細胞などにはくっついてしまう可能性はありますので、

副作用がゼロになるとは言い切れませんが...

 

どうなんでしょう?

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください