ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

磁力線を中心に向けた方法で核融合は起こるのか?


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
駿河屋にはMSX(本体・ソフト)もPCエンジンもいっぱい^^


スポンサーリンク



スポンサーリンク


電磁石を中央に向けて1点に集中させたら、

核融合が起こるのではないか?

と考えています。

 

つまり、

f:id:nyaonyaokun:20201001075633p:plain

これですね。

 

よくよく考えてみると、

コイルの磁力線は、一周しているので、

中央に集中し交わることがないのだと思います。

ですので、陽イオンが真ん中で融合せず、

外の壁にぶつかるのではないかと思います。

 

そこで考えたのですが、

一瞬だけ電流を流すのはどうなのか?

 

瞬間的に中央に加速されます。

陽イオンが、中央付近で、磁力線が消える(電流を一瞬としたのはこのため)と、

そのまま中央に向けて陽イオンが加速されて、

反対側から加速されてきた陽イオンにぶつかるのでないかと。

 

そのように、高電圧を連続的にかけたり消したりを繰り返せば、

連続的に核融合がおこるのではないかと考えます。

しかも、コイルは超電導にしておくと、電力消費がなくなり、

コスト的にも見合うのではないか、と。

 

ただ問題は、陽イオンは磁力線に対して、巻き付くように動くため、

中央でしっかりぶつかるのかどうか?

それが課題かと思います。

 

コイルの形は、円錐状にしてやるとより効果的かと思います。

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください