ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハックほか雑記を綴っています

身体が疲れたり筋肉痛になりやすい人は、足の親指と手の小指に意識を置くといいという話

スポンサーリンク

妙に身体が疲れたり、すぐに筋肉痛になってしまう方は、

身体の使っている筋肉がダメなのかもしれません。

 

普段、身体のどこに意識がいっているでしょうか?

物を持ち上げたり動く時に、どこの筋肉を使っているのでしょうか?

 

あまり意識したことがないかもしれませんが、

身体の外側を使っていませんでしょうか?

 

そういう方は効果があるかもしれません。

 

手の小指側に力がかかると、

身体の中心に近いので、より大きな力を出すことができるそうです。

(足の親指は少し浮かす感じにするそうです。)

 

ということは、物を持つ時などに、あまり力まずに持ち上げることができます。

 

日本の古武術は、こういった身体の中心に近い筋力を使うみたいですね。

 

手の小指に力を込めると、自然と内側の筋肉が使われます。

少しだけ意識してやってみるといいかもしれません。

 

自分にあっていなければ、すぐにやめてください。

身体の動きがぎこちなくなるかもしれないので。

 

それでは〜。

 

古武術「仙骨操法」のススメ 速く、強く、美しく動ける!
赤羽根龍夫
BABジャパン
売り上げランキング: 39,944
 

スポンサーリンク

 

 

「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください