ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハックほか雑記を綴っています

アプリ開発者もブロガーもクリエイターは、キーワードから創作するといいかもという話






どんなことでもネットが欠かせない世の中になりました。

何かを作るクリエイターは特にキーワードを気にすることが大切だと思います。

 

アプリ開発者やブロガーは、検索されるということを第一に意識すると

宣伝しやすいと思います。

 

私が失敗したなぁと思うことをひとつ書きます。

 

昔、1本のアプリを出しました。

”犬ロデオ”というアプリです。

犬にまたがってロデオをするゲームだったのですが、

今考えるとヒットする要因が何一つないですね;

 

まず検索されないということ。

”犬 ロデオ”で検索する人はゼロでしょう;

誰からも見つけてもらうことのないアプリでした。

 

いいのか悪いのかわかりませんが、世の中はキーワードで動いています。

検索で出てきたものが目に触れるのです。

 

もちろん、プレスリリースをだして、どこかに記事が載れば

ダウンロードされたり、目に留まることはあると思いますが、

なかなかにハードルが高い!

 

大手のサイトの記事に載ったとしても、影響があるのが、

最初の数日だけってことも多いと思います。

 

あるキーワードで、検索にでてくるアプリなら息の長いアプリとなる

可能性があります。

 

ブロガーの人はキーワードを探しながら日々生活をしているかもしれません。

アプリ開発者も、キーワードから連想されるアプリを作るということも

一つの手だと思います。

 

私の場合はMSXというキーワードがポイントになります。

しかし、MSXというキーワードは検索数が少ないのがネックですね。

 

もっと広げてレトロゲームでいいのかもしれません。

そのキーワードで上位をとれるようになれば、多くの人にやってもらえる

ものになると思います。

 

こういうのもマーケティングの一つの方法だと思います。

 

多くの人に検索されそうなキーワードから作っていけば、

宣伝もしやすいかもしれません。

題材にするテーマを決めるときに少し意識してみてはどうでしょう?

 

しかし、本当は何もそういったことを考えずに、

作りたいものをただ作るというのに憧れます^^

 

でも、生活費が入ってこなければ創作活動もできないんですよね;

ただ、すべての創作ブツで、マーケティングを意識する必要はないので、

創作物の半分はキーワードを意識して企画し、

半分は自分の創作意欲に任せて作るといったふうにすれば

いいと思います。

 

また、圧倒的に話題性のあるものを作って、口コミでダウンロードされるといった

方法もあると思うのでいろいろ試して行きたいですね。

 

まとめ:

ネットの世の中では、

キーワードの持つ力というのは大きいので、

そういったものを活用しつつ

バランスよく創作活動をして行きたいと思います。

 

では〜。

 

スポンサーリンク

 

 

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください