ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

FC 忍者くんの面白さの秘密




スポンサーリンク



スポンサーリンク


忍者くん

f:id:nyaonyaokun:20191030080900p:plain

FC / MSX で発売されました。

アクションゲーム

 

 

 

システム

縦方向にスクロールし、段差を登ったり、降りたりしながら

敵をやつけます。

 

f:id:nyaonyaokun:20191030080955p:plain

 

攻撃方法:武器 手裏剣のみ!

このシンプルさが今となってはたまりません^^

射程距離が短めです。

 

上からぶつかるか、下からぶつかると、ぶつけられた方は

目を回してしまいます。

 

f:id:nyaonyaokun:20191030080930p:plain

ジャンプ:少し独特なジャンプです

左右 + ジャンプボタンで、斜め上にジャンプします。

 

ジャンプボタンのみだと、なんと!下に降りるのです(・∀・)

これにより、真上のジャンプはありません。

 

ジャンプは、通常ジャンプと、小ジャンプがあります。

通常ジャンプは、上の段に飛び移ります。

小ジャンプは、敵を飛び越す程度の高さしか飛びません。

 

面白さ

このシステムは、じつにシンプル!!!

でも面白いのです^^

下からのジャンプや、上からの落下で、敵を気絶させる、

これが攻撃の幅を広げています。

 

このシステムを最大限に活かすのが、上下にスクロールする

ステージ構成。

このゲームも続編の、じゃじゃ丸くんは、横スクロールのゲームと

なっていますが、

この上下からの体当たりで気絶させるというシステムは、

忍者くんの上下スクロールがピタッとハマります。

 

絶えず、上か下からの体当たりを狙って、ジャーンプ!!!

実にうまいシステム!

 

面の構成によって、この気絶を狙いにいかせるというように

誘導しています。

これはゲームを作る人は参考になると思います。

上下に敵を配置すれば、上下で体当たりするという、上下の移動に

気を配るようになります。

 

忍者くんとじゃじゃ丸くんの違い

じゃじゃ丸くんは、アイテムやキャラクターの多さでの楽しさという感じに

ゲーム性が変わっているのかもしれません。

(王道のゲームになってしまったのかな?)

 

じゃじゃ丸くんで思ったのは、やっぱりアイテムって凄いなぁということでした^^;

 

アイテムを得て、攻撃方法が変わるなどは、忍者くんには

ありません。

アイテムは、ゲームの緩急をつける意味で、本当にいいものですが、

忍者くんのシンプルさも、別の意味で面白いかも(*´ω`*)

 

(アイテムが面白いのは、他のゲームでもやり尽くされていますから...

この、なにも出ないというのも今となっては、

すっきりしていて味があります。)

 

じゃじゃ丸くんの横スクロールも有りといえば有りですね。

上下のブロックを自由に行き来できないシステムになったので、

気絶させるという攻防は、あまり出番がなくなってしまいました^^;

 

上下からのアタックでの気絶というシステムは、上下スクロールが

一番生かされるかと思います^^

 

 

敵キャラクターの豊富さ

キャラクターがたくさんいるといのは、それだけで面白いですね。

ゲームを作っていて思うのが、敵キャラクターの重要性。

やっぱり人間は、生き物(他者)が出てくると、

注目してしまう生き物なんですね^^

 

地形の障害物も面白いのですが、

他の生き物って、面白さを1ステージ上げますね〜。

なんかこちらもイキイキしてきます^^

 

人間は昔は、狩りをして生活していたわけですが、

やっぱり自分が生きるか死ぬかは、他の生き物を食べることが

できるかどうかなので、

そのために他者には何か、感じるものがあるようです^^

 

本能的なんでしょう(*´ω`*)

 

 

敵キャラクターが数体出てくる中で、

1体だけ、違うキャラクターが混じっています。

これもなかなか面白いですね!

(次のステージでは雑魚になるのですが...)

 

f:id:nyaonyaokun:20191030081050p:plain

 

中ボス的な意味合いが出てきます。

メリハリが効いていますね〜。

 

f:id:nyaonyaokun:20191030081117p:plain

 

f:id:nyaonyaokun:20191030081132p:plain



 

改善してほしかった点

敵と対面したときに、手裏剣の連射合戦になるのですが、

少し、生き死にがランダム的な気がします。

この対面時に何か、一捻り欲しかったような気がします。

 

あと小ジャンプで敵を避けたら、そのまま、後ろから

手裏剣を当てたかった(^_^;)

フワッとかわして、後ろへピシッと攻撃!

この一連の攻撃がやりたかったですね〜。

 

でもこれができると、気絶させたりしなくても良くなってしまうのかな?

難しいですね〜。

 

あと剣というか、クナイ?が振り回したかったかなぁ〜(*´艸`*)

ガード的な意味合いで、使いたかったですね^^

 

 

でも今の忍者くんは、まぁ、シンプルでとてもいいのですが。

シンプルゆえの面白さが光るゲームなので、

色々と機能をつけると駄目なのかもしれませんね〜。

 

まとめ

忍者くんの面白さは、

通常の攻撃に加えて、ただ自分を有利にするだけの行動がある。

(体当たりによる気絶)

これがゲームに幅を与えていると思います。

(バーチャファイター2のアキラの、相手の後ろをとるのもそんな感じでした^^)

 

f:id:nyaonyaokun:20191030081205p:plain

 

敵を倒すのに、ひと手間あるということもできます。

これはマリオブラザーズの、下から壁を叩いてから、蹴っ飛ばすというのも

近いかもしれません。

 

このパターンを使ってゲームを作るなら、

・敵を気絶させる

・敵と位置を入れ替える

・敵をふっとばす

・敵の動きの向きを変える

・敵を転ばせる

これらが使えると思います。

 

そして、これらは、

・体当たり

・コマンド入力

・ボタン入力(発生する間合いを変えるetc)

で発動するといいと思います。

  


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください