ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXのゲーム開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

空きベッドがある救急病院が分からない問題(アイデア)


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
駿河屋にはMSX(本体・ソフト)もPCエンジンもいっぱい^^


スポンサーリンク



スポンサーリンク


空きベッドが無くて、病院をたらい回しにされる問題がどうにかできなのか、

と思うときがあります。

 

ITを駆使すればできるのに?と思う人が多いと思います。

僕もそうですが...

ただ、空きベッドデータを入力する手間というのが尋常じゃないとも

思います。

そうでなくとも忙しい看護士さんや病院関係者の方が、

そういうデータ(空きベッド、受け入れ体制あり)を打ち込む余裕がない

のだと思います。

 

そうなってくると、データ入力をすることで、

データ入力1件あたり幾らなど、病院側に入金でもないかぎりはやれないでしょう。

(病院側は慢性的にお金が足りないのではないかと思っていますので、入金があればやってくれるのではないかと思っています)

 

その費用をどこから持ってくるか?ですよねぇ。

うーん。

これはどうなのか分からないですが...

 

救急車を呼ぶのに、お金がかかるという方式をとりいれるくらいしか思いつきません^^;

1回100円とかなら...

駄目かなぁ...

 

もちろん、治療費の請求時に救急車を呼んだときの費用が追加されているという

感じになるかと思います。

資金面で苦しい方の場合は、免除されるなどの特例などが入れば...

どうなんでしょうかねぇ。

 

それによって病院をたらい回しにされることがなくなるのであれば、

理解を得られると思うのですが(^_^;)


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください