ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、セガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

【書評】武術に学ぶ 一瞬で自分を変える技術 を読んで思ったこと






カーネギーメロン大学博士の

苫米地先生の本です。

苫米地先生は、オーム信者の洗脳を解くのを

依頼?されたことでも知られている、

認知科学者です。

 

一瞬で自分を変える!ってどんなんだろう?

と思って読んだのですが、

これはビジネス本ではなく、武術の本でした(^^)

 

私は、漫画の修羅の門が大好きで、

古武術に興味があるので大変面白かったです。

自分の無意識に興味がある方には、

少し物足りないかも。

 

武術と格闘技との違いについて、

大変よく分かりました。

武術は、命のやり取りの中から生まれたもの

なので、ルールのある格闘技とは

違うんですねぇ。

 

武術では、人の無意識を巧みに

利用して勝利するようです。

確かに、300年近く暇に任せて、

優秀な人が、人を倒すことを考えていたら

すごい技ができるよなぁ〜(╹◡╹)

 

 

現代は科学的な基礎知識があるから

昔の人より凄い気がしてしまいますが、

頭自体の良さなんていうのは、

いつの時代も変わらないはずです。

江戸時代の人が、何に興味を持っていたのか?

武士だと、

君主を守るために人を倒すことかな。

そうなってくると、人体やら、無意識やら、

認知やら、そういうものを

今の科学よりもある意味、詳しいのはわかる気がします。

(理論ではなくて)

 

惜しいのが、そういったものは、

すべて秘密にされていたということです。

知られることは死を意味するから... -_-b

 

現代の日本に、まだ武術が伝承されていて、

この本にでてくる、

沖縄拳法空手の6代目師範の、山城美智さん

のように、色々語ってくれる方は少ないみたい

ですね。

しかも、この方の門下生で、

総合格闘技団体UFCの菊野克紀さんという方を

初めて知りましたが、かなり強い方みたいですね^ ^

 

ちなみに苫米地先生も武家の出身だそうで(^_^)

なんか凄いですね^ ^

 

 

 

この本は、

武術についてあれこれ書かれています。

本当に面白い。

 

まぁ、自分の無意識を

書き換えるみたいなことは、

チラッと書かれているだけなので、

武術に興味がない方は、面白くないかもしれません。

 

でも、この本のおかげで、

無意識を意識にあげることの大切さがわかりました。

 

どうも私は、意識を中心に生き過ぎていました。

一時期は、人間とは意識がすべて、なんて

思ってたこともありました(^_^)a

(10代の頃ですが)

 

最近でも、無意識の大切さが知識としてはわかっていたのですが、

それを大切と思えているかどうかというのは

怪しかったと思います。

 

少なくとも、この本を読んで、

無意識を大切にしようという思いがでてきました。

無意識で動くことを意識するというか。

 

無意識を育てることは大切なんだなぁと

思います。

 

 

武術が好きで、無意識に興味がある方は、

私のように、

この本から得られるものはあると思います。

 

これからはもっと苫米地先生の本を読むことにします。

 

 


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください