ニャオニャオ21世紀

レトロゲーム(MSX、PCエンジン、ファミコン、メガドライブセガサターン)と、MSXぽいアプリ開発と、最新ゲーム(PS4、SWITCH)、身体(身体意識など)、ライフハック、電子工作ほか雑記を綴っています

アイスクライマー【レビュー】 独特なジャンプを使いこなせればクセになる!ファミコン




スポンサーリンク



スポンサーリンク


f:id:nyaonyaokun:20190404063924j:image

アイスクライマー

任天堂

発売日: 1985年1月30日

wikiペディアによると、プログラム容量が192キロビットだそうです。

バイトに直すと24キロバイト!

当時のPC(msxなど)が、32キロバイトとかでした。

意外に小さいですよねー。当時はROMが高かったからなぁ〜。

 

 

f:id:nyaonyaokun:20190404064022j:image

ファミコンカセットです。

 

f:id:nyaonyaokun:20190404064043j:image

こちらは、ファミコンミニの選択画面。

今回は、ファミコンミニでプレーしています。

 

 

 

ストーリー

エスキモーのポポとナナが山頂を目指します!

シンプルって最高です(╹◡╹)

 

 

僕は、アイスクライマーは、友達の家でプレーしていました。

(ファミコンを買ってもらえなかったので(^^))

 

特に熱いのが、2人プレーでした。

上手い友人はどんどん上に登っていってしまい、自分は画面外へ_:(´ཀ`」 ∠):

小学生は無慈悲ですよね(^_^)a

 

あの独特の操作性があまり馴染めなく、

下手っぴでした。

f:id:nyaonyaokun:20190404064607j:image

真上のジャンプから空中で横に入れたときは、

ブロック一個分の移動なんですよね。

そして、上ジャンプ時に、ブロックが微妙に擦り抜ける(^^)

この辺りが上手くできない原因でした。

だって2人プレーしかやらしてくれないんですよƪ(˘⌣˘)ʃ

 

今、ファミコンミニでプレーしてみると、

その辺りも慣れるものですねぇ。

横歩きで勢いをつけて、横ジャンプだと

ブロック数個ぶん飛べるなんて

最近知りました(^_^)a

 

そのコツさえ掴めば楽しい楽しい!

 

ファミコンミニが出る前は、

アイスクライマーのカセットって

結構お高いものでしたが、

面白いからなぁ〜

仕方がないです。

でもファミコンミニなら!

 

f:id:nyaonyaokun:20190404065524j:image

どんどん上に登って行きます。

どんどんスクロール!

 

システム

ジャンプ

ハンマー攻撃

(実にシンプル!)

アイスブロックに下から突き上げると、

ブロックが破壊されます。

上に穴を開けながら登っていきます。

 

動くアイスブロックや、破壊できないアイスブロックなどあり。

 

動く雲に乗る場合もあり。

 

良い点

・とにかく設定がシンプルかつユニーク

ただ上に登るという目標は、現代の複雑に入り組んだゲームの中では

逆に新しいのではないでしょうか?

 

・キャラクターが可愛い!

 

・二人プレーが秀悦!

協力プレーと殺し合い(昔はこんな風に言っていましたが、今聞くと怖い^^;)

という両面の遊び方ができます。

このどっちでも出来るというのが、友達の人間性を知ることもできる素晴らしい

コミュニケーションツールでしたw

 

・地形を破壊しルートを作ることができる

この頃のゲームにはよくありましたが、地形(ブロック)を壊す->道を作る

この過程がとても面白かった。

ロードランナーやスーパーマリオ、この頃の代表的なゲームには必ず入っている

要素の一つです。

 

悪い点     

・ジャンプの挙動 

独特すぎるジャンプがこのゲームのハードルを上げています。

 まず、上部のブロックがすり抜けたり抜けなかったりがよく分からないところ。

ジャンプした時に上の端の方はすり抜ける。

しかし、端じゃなく真ん中あたりだとぶつかる。

この塩梅が難しい。

 助走をつけないとジャンプするときの横幅の短さ。

ほんのわずかしか横に飛べません。

助走に気づけば、ぐっと操作しやすくなるのですが...

 

 

敵キャラ

オットセイ

ゆっくり横からやってきます。

下に穴があると一旦引き返し、氷を持って戻ってきます。そして穴を埋める!

コレがヤラシイ(^_^*)

 

飛び回っています。下から突き上げると倒せますが、上からだとアウト。

 

シロクマ

デカイ!

 

氷柱

上から落ちてきます!

 

 

ステージ構成

8段ほど登ると、

途中からボーナスステージになります!

この面構成は独特!

f:id:nyaonyaokun:20190404070042j:image

最後は頂上で、翼竜の足に飛びつけば一面クリア!

f:id:nyaonyaokun:20190404070209j:image

(HDMIキャプチャが欲しい^o^ 今はスマホで画面撮影という...。貧乏って嫌です(//∇//))

 

f:id:nyaonyaokun:20190404071038j:image
f:id:nyaonyaokun:20190404071030j:image
f:id:nyaonyaokun:20190404071034j:image

各ステージが結構ユニークです。

最近のゲームのようには見栄えがあまり変わりませんが、

パーツの組み合わせが上手ですよねー。

とても楽しい。

 

タイトル画面で、ステージを選べるのも

嬉しいところです。

25面まで選べたかな。

全部で32面あり、それ以降は1面へ。

昔のゲームによくあったループするゲームです。

 

ボーナスキャラ

野菜です。

なす、

にんじん、

きゃべつ、

きゅうり、

コーン、

かぶ、

かぼちゃ、

はくさい、

じゃがいも、

きのこ。

 

昔のゲームは、ボーナスキャラは食べ物でした。

多かったのは果物かなぁ。

野菜というのは珍しいかも^ ^

確かにエスキモーの人にとって

野菜というのはなかなか食べることが

できないものだと思うので理にかなっている!

かも^o^

 

 

まとめ

ジャンプが、

スーパーマリオ以降のアクションゲームの動きに慣れていると、

最初は戸惑うかもしれません。

でもすぐにコツを掴んで慣れると思います。

 

自由自在に動かせるようになれば、

とても楽しいゲームです。

流れる雲に飛び乗って、天井に穴を開けたり、

滑る地面に適応したりと。

 

マップ構成も楽しいですね〜。

 

昔、やりまくった方は懐かしんでください^o^

僕のように、タイトルは知っていても、

あまりやったことがない方も、今でも楽しめるゲームだと思います。

 

評価点数:73点 (オススメ度 B )

懐かしい方ならおすすめ度はSになります。

操作できるか出来ないかで、このゲームの評価は大きく変わると思います。

その辺りを考えての評価となりました。

 

対応機種 

・ファミコン

・ゲームボーイアドバンス

・3DS(バーチャルコンソール【ダウンロード版】)

・WiiU(バーチャルコンソール【ダウンロード版】)

・ミニファミコン(ニンテンドークラシックミニ)

・Switch(アーケードアーカイブス・VS アイスクライマー【Switchダウンロード版】)

 

 

アイスクライマー | 通販ショップの駿河屋

 

 

 

 

 

 

 

www.nyaonyao21.com


「ニャオニャオ21世紀は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください